カラオケで声が小さくなってしまう理由は...?

普段声が小さいわけではないのに、カラオケで歌うときになると急に声が小さくなってしまうという方は少なからずいると思います

では声が小さくなってしまう原因はどこにあるのでしょうか、いくつか考えられる例を挙げていこうと思います!

・呼吸法が間違っている
・人前で歌うことに慣れていない、自信が無い

だいたいの原因は上記した例にあると思います

これらの原因によって声が小さくなってしまう場合の改善方法を解説していきます!

呼吸法を身につけよう!

大きな歌声を出すには呼吸法の修得が欠かせません

息が多く吸えていないと声は出ませんし、口の開き具合や喉の筋肉の使い方そして息の吐き方をしっかり把握できていない場合

呼吸法の修得には様々な練習方法がありますが、今回はその中でも分かりやすく簡単な練習方法を解説します!

腹式呼吸法をマスターしよう!

歌唱において最もポピュラーな呼吸法はこの腹式呼吸法です!

腹式呼吸をマスターすれば一度に使える息の量が増え、声が安定したり、大きな声を出すことが可能になります!

それでは早速腹式呼吸法修得のための練習をしていきましょう!

腹式呼吸とはその名の通り、おなかに息を蓄える呼吸法です

息を吸う際、ヘソの辺りが膨らむように意識して吸ってみましょう
また息を吐く際にもヘソの辺りがへこむのを意識します

呼吸に伴ってヘソが上下するのを意識しながら行い、最終的には意識せずとも行えるまでに反復練習しましょう!!

腹式呼吸法が出来るようになったらもう少し踏み込んで、強く息を吐く練習もしておきましょう

息をたくさん蓄えることが出来ても、息を吐く力が弱ければ声は大きくなりません!!

息を強く吐く練習!!

息を強く吐く練習として最も手軽に出来る方法を紹介します!

まず自信の手のばし、口から直線で結んだ位置まで離して固定してください

そして、先ほど練習した腹式呼吸を意識しながら大きく息を吸い、離れた位置にある手に息が掛かるように強く息を吐きましょう

ここで注意したいのが、息を吐く時にはしっかり息を吐ききり、常に手に息が掛かるくらいに強く吐けるようにしましょう!

人前で歌えるように自身を付けよう!!

人前で歌うとなると、緊張や自信のなさで声が小さくなってしまいます!

カラオケに行くと声が出ないと言う方の多くはこちらが原因かもしれません

そこで、人前で歌えるように自身を付ける方法を紹介するので、是非試してみてください!!

私がおすすめするのは、実際に自分の歌を録音し、聞いてみるというものです

初めて自分の歌声を聞いた方には「思っていたより上手くないか?」「声が気持ち悪い...」「う~ん、下手!」など感想は様々あると思います!!

「思ったより上手いじゃん!」と感じた方は何も練習する必要はありません!次回のカラオケでは自信を持って歌声を披露しましょう!!

「声が気持ち悪い」や「下手」と言った感想を持った方も安心してください!
全て録音しながら練習することで解決します!!

録音した歌声を聞くという作業を繰り返していくと、まずその歌が自分の声の高さに合っているかどうかが分かってきます

修正できる範囲の音程さならばいいですが、まったくキーが違うとなると歌う曲を選びなおすのが早いです!
声の汚さや歌の下手さは、曲のキーが自分の音域にあっていないことが原因である場合が多いです

録音した曲を聴きながら、自分にあった曲を見つけてみましょう!!

歌いやすい音域の歌は、自然に大きな声で歌えるようになります!!

録音し、既に自分の実力が分かっている状態で歌うのと、自分の実力が上手いか下手かも分からない状態で歌うのとでは全く違います

上手くても下手でも、自分の実力を知った上で歌うことで変な緊張が無くなり、大きな声が出るようになりますよ!!

おすすめの記事