カラオケが下手な人の特徴は...??

カラオケが下手、つまりカラオケで高い点数が取れない方の特徴は何なのでしょうか?
そしてその原因はどこにあるのかを解説します!!

1.キーの調整が出来ていない

歌自体は上手なのに、カラオケになると全然点数が取れないという方に多く見られる特徴です!

普段から鼻歌などで歌うことが多い方は無意識に自身が歌いやすいキーに調整してしまっています

そのまま違うキーで曲を覚えてしまうと、いざカラオケに来た時に音程が取れません

カラオケの採点において音程は大きな得点になります

歌は上手くてもキーがあっていない(別のキーで歌ってしまっている)場合は高得点には繋がりません!

2.ビブラートなどの基礎技術ができていない

カラオケ採点の大きな得点元は音程やテンポですが、ビブラートやこぶしなどといった基本技術によって加点が狙えます!

なかでも簡単な技術であるビブラートをマスターしておけばどのような曲でも平均以上の得点は見込めるようになります!

このような基礎技術はカラオケ採点以外にも単純な歌唱力アップに繋がるため覚えておいて損はないです

3.音程が取れていない、曲がうろ覚え

歌うこと事態が苦手というかたに多い特徴です

そもそも音程をとるのが苦手であったり、歌詞や曲をうろ覚えなため上手に歌えない場合は採点点数も低くなってしまいます

改善法を紹介!!

1.キーが出ない場合の改善法

単純にキーが違うだけで歌自体は上手にうたえているという場合は、カラオケのリモコンでキーを調節すれば問題は解決です

何度か調整し、自分にあっているキーを見つけましょう

どうしても原曲キーで歌いたいというかたはミックスボイスやファルセットといった歌唱技術を身につけましょう

より低い声を出すのはむずかしいですが、より高い声を出すのはそう難しくはありません

高音を鍛えてキーが合うように特訓しましょう
⇒【今から出来る高音を鍛える方法を紹介!

2.まずはビブラートを身につけましょう

カラオケ採点の加点技術において、個人的に最も簡単に身に付くと感じているのはビブラートです

身につけさえすれば歌唱中に連続加点も楽々狙えます

さらに、ビブラートを加えるだけで歌自体も上手に聞えます

高得点が出るようになるだけでなく、一緒にカラオケへ来た人を魅了する歌唱力も身につきます!!
⇒【即効修得!ビブラート練習法を紹介

3.音程をとる練習をしてみしょう!!

自分のことを音痴だと思っている方でも、コツさえつかめば上手に歌がうたえるようになります

音痴な方に必要なことは「曲の音程」と「自分が発声している音程」と「その音程を発声するのに必要な力加減」を一致させることです

どのくらいの力加減でどのような高さの音が出るのかを把握しておくと、どのくらい力を調整すればちゃんとした音程が取れるのか分かってきます

自分の歌を録音して聞いてみたり、ピアノなどで1音ずつ音をとりながら発声練習を行うと上達がはやいです

音程のとり方が分かってきたらあとはテンポを合わせるだけです

曲を何度も聞き込んで歌手の真似をしてみましょう

好きなように伸び伸びと歌うのではなく、あくまで歌手の真似をするんだという意気込みで臨めばテンポがとれるようになります

更に得点アップを狙う!!

カラオケ下手を脱却し、さらに高得点を狙いたい場合は他にも意識したい点がいくつかあるので紹介します

まず、歌手の歌い方をそっくり真似して音程を外さなければ80点後半から90点前半は間違いなく取れるようになります

この場合は歌を聞いている側も「歌が上手」だと感じる範囲に収まります

しかし90点後半以上を目指す場合は、カラオケの採点基準を把握し遵守する必要があります

そうなると点は取れるが歌自体は機械的になってしまいがちです

95点以上を出す人がみな機械的な歌い方をしているわけではありませんが、採点基準に遵守しないナチュラルな歌い方では難しいです

ですから当面は85点~95点までをスタンダードに出せることを目指すのが良いでしょう

おすすめの記事