今回も歌い手として人気になる為に必要な技術を解説していきたいと思います!!

あわせて読みたい⇒【人気歌い手の共通点を徹底考察!

過去に考察した通り、人気歌い手には共通して高音域を歌いこなす技術が備わっています
前回ミックスボイスの発声練習法については触れましたが、それだけでボカロ曲の音域をカバーするのは非常に難しいです!!

そこで今回はミックスボイスの強化に主点を置いて、練習法や高音域を歌いこなすメリットを解説していきたいと思います!!

ミックスボイスを強化しよう!!

これから解説する練習法は既にミックスボイスを発声でき、喉の筋肉を動かす感覚を身につけている方に向けた練習法になります!

ミックスボイスが上手く出せない方や、出し方が分からない方はミックスボイスの練習法を解説した記事があるので練習してみてください!
⇒【ミックスボイスの練習法を解説!

どうしてミックスボイスの強化が必要なのか...?

既にミックスボイスをマスターし、なんの訓練も受けてない人では出せない音域を身につけているのにどうしてこれ以上の音域が必要なのか...

答えは簡単です、歌う曲がボカロ曲だからです

現在人気になっているボカロ曲が扱う音域は只のミックスボイスで表現するのはとても難しいのです

男性がミックスボイスで出せる音域は大体hiD辺りまでだと思います

しかしボカロ曲の音域はhiDを越え、hihiの音域にまで達しています

裏声で歌うという方法もありますが、やはりボカロの力強い高音はミックスボイスで表現したいものです!!

迫力のある原曲キーで歌うためにも高音の強化が必要になるのです!!

高音を強化!!

※練習は喉を痛めないように気をつけて行いましょう

それでは早速高音開発を始めましょう!

強化方法はいたって簡単で、ミックスボイスを修得した時の練習方法に良く似ています

発生中、徐々に喉の筋肉を締めていき高いキーの音に伸ばしていきます
喉の筋肉が鍛えられたり、高音に慣れることで高音の発声が可能になります!

ミックスボイスの練習法を紹介する上で、喉の筋肉の感覚を掴んでいる方は上達が早いです!!

また過去も紹介しましたが、今回も録音しながらの練習をオススメします!

喉を締めた発声だけでキーをどんどん上げていける方もいると思いますが、どうしても限界があるという方には別の方法を紹介します!

先ほどと同様に喉を締めて高音を伸ばして行き、限界がきたら力を保ったまま喉を開きます
ミックスボイスを出すような息の吐き具合、力の入れ具合を保ったまま声を裏返らすというイメージです

こればかりは練習あるのみですが、高音で有名な歌い手はhihi以上の音域を出すときはこの発声を使っています

録音したものを聞きながら、理想とする歌い手の発声に近づけていきましょう!!

↓あわせて読みたい↓

人気歌い手になる方法を考察!

人気ボカロ曲を生み出そう!

おすすめの記事