聞き苦しい裏声になってしまう原因は...

歌手の裏声を聞いていると透き通った綺麗な声に聞えるのに、自分の裏声はこもっていて気持ち悪い...

汚かったりこもっていたり、裏声が綺麗に出せない原因はいくつかあります

喉が開きすぎている

裏声を使う場面としては、地声では難しい高音域があげられます

基本的に高音域になればなるほど声(息)を絞り、吐く息を少なくしていきます

喉が絞れていない状態で吐く息が多くなってしまうと、喉が開いているぶんだけ野太くこもった様な裏声になります
(よくミ○キーマウスのような声と例えられていますね)

音域が低い

上記した通り裏声は主に高音域で扱う技術であり、高音域になればなるほど喉を絞ります

逆に低音域になっていくと喉を開いて発声します

裏声でなくとも構わないような低い音域で裏声をだすと、低い裏声を出すために喉を開いてしまい野太くこもった裏声になります

地声の低さなどが原因で歌える音域が狭い方によくみられる裏声ですね

裏声を出すのが下手

何事にも上手い下手はあり、裏声をい出すのが下手な場合も存在します

裏声は力めば力むほど、声を出そうとすればするほど野太くなってしまいます

透き通った綺麗な裏声を出すには、脱力して息を吐く延長で発声するという意識をもち、実践する必要があります

綺麗な裏声を手に入れよう!!

綺麗で透き通った裏声を手に入れるために必要なことはただひとつで、「喉を絞るという感覚を身につける」ことのみです

自分の裏声を息が続く限り発声し、それを何度も録音しましょう
発声中に一定の音程を保つ必要はなく、苦しくなってきたら裏声を調節してみてください

録音した音源を聞くと、最初(息に余裕がある時)は野太い裏声で、後半(息が苦しくなってくる時)は弱弱しい裏声になっていると思います

簡単に言ってしまえば、弱弱しい時の裏声を力強く出せれば透き通った裏声になります

矛盾しているようですが、吐く息が多くて喉が絞れている状態が一番綺麗な裏声に聞えます

息が苦しくて弱弱しい裏声を出そうとする時の喉の扱いが、声を絞って高音域を出すときの扱いと似ています

録音した音源を聞き、喉の扱い方を思い出しながら感覚を身に付けていきましょう

録音した裏声に満足がいくようになればもう完全に身についたと言えるでしょう

裏声を使いこなせば人気者に!?

裏声は誰もが簡単に身につけることのできる技術である一面、技術に磨きをかける方法がいまいちわからない技術でもあります

裏声が汚い...
ということを自覚していても改善しようとトレーニングする人はほとんどいません

そんな中で、綺麗な裏声を手に入れた貴方がその歌声を披露すれば注目されることは間違いありません!!

裏声を上手に扱えるようになると、歌える音域の強化にも繋がります
(基本的に高音域の発声はちょっとしたトレーニングと慣れです)

高音域を綺麗に歌いこなし、周りを魅了しちゃいましょう!!

おすすめの記事