高い声はアドバンテージ!

カラオケなどの歌唱の場において、特に男性は曲のキーが高くて出せないことで躓く方が多くいるとおもいます

また、自分にあっていないキーを無理やり出そうとして聞き苦しい歌声になってしまう場合もあります

負荷のすくない歌い方で高音を発声することで喉の負担も減り、あらゆる曲を歌いきることができるようになります

これだけでも高音域を使いこなせることがアドバンテージであると分かりますね!

そこで今回は高音域を鍛えるための方法を紹介して行こうと思います!

鍛えるといっても内容は喉の筋肉の扱いに慣れるためのトレーニングのようなものなので、練習の過程で音感の強化や音痴の改善も見込めます!!

高音を出すならまずは慣れ!

高い声を出すのには筋肉や特殊なトレーニングなど必要ありません

喉の筋肉の扱いを覚え、「どのような力の入れ具合」で「どのように高音が出ているのか」を自分なりにつかむことが最重要です

言ってしまえば...高音は慣れれば誰でも出せます

早速トレーニング法を紹介しようと思いますが、これから紹介するトレーニングは必ず録音しながら行ってください

録音した音源を聞くことで、力の入れ具合で変わる声質や音域をしっかりと把握できます

誰でも直ぐに実践できる高音の発声法といえば裏声です

そこでまずは裏声を使って高音を出すときの喉の感覚をつかみましょう

高音に慣れるための練習法!

先ずは普通に裏声を発声してみてください
録音した裏声を聞くと鼻に掛かったような声だったり、透き通っていたりと人それぞれだとは思いますが、とりあえずその裏声があなたのスタンダードです

次は吐く息の量を増やしてみたり、または減らしてみたりと裏声の声質や音域に変化を与えてみましょう

そのまま調整を重ねて自分好みの裏声を作ったり、高音域を開発していきます

録音した音声を聞きながら練習するうちに、どのように喉を動かせばより高い声がでるか分かってきます

一般に、喉を締めて息を細くするほど声は高くなりますよ!

高音を出すための喉の扱いに慣れてくると、地声を高くしてみたり、いままでは出なかった音域が容易に出せるようになったりと顕著な変化がみられます!

実践して更に強化!!

高音に慣れてきたらカラオケなどで歌ってみましょう

鼻歌では吐ける息にも限度があるので、思いっきり声がだせるカラオケがおすすめです

鍛えた高音を試すのもいいですし、少しでも透き通った裏声が出るように練習するのもいいでしょう

ここでも録音は忘れず、なんども調整を繰り返しましょう!

また、高音開発の延長にはミックスボイスの修得があります!

喉の扱いに慣れ、高音の開発が順調に進めばミックスボイス修得にも挑戦してみてください!!

おすすめの記事