子供から大人まで気軽に楽しめるようになったカラオケ
自分もカラオケをしてみたいけど、何年も歌なんて歌ってないし上手に歌えるか不安だなぁ...

趣味として、付き合いとしてカラオケに行く年配の方は多いと思いますが、上記の不安を抱えている方に、歌が上手になるコツカラオケで点数を取る方法をお教えします!!

発声法を身につけよう!

カラオケへ行く機会が増えたが、昔ほど上手く歌えないという方はまず発声法を見直しましょう!

歳をとるにつれて、筋力の低下や声を張る機会の減少で身体がしっかりとした発声を忘れてしまっています
張りのある綺麗な歌声を出す為に発声練習を行い、忘れられた発声法を呼び起こします!!

※練習は身体に負担がかからないように適度に行いましょう!

おすすめの発声練習法を紹介

先ずは発声に欠かせない呼吸法の練習です!

1)へその辺りが膨らむことを意識して息を深く吸い、へその辺りがへこむのを意識して息を深く吐きましょう
2)息を吐く際、口から30cmほど離れた位置に手を固定し、吐いた息を感じられるくらい強く吐ければOKです

上記の呼吸法は複式呼吸と呼ばれる呼吸法です
⇒【腹式呼吸の効果・メリットを詳しく解説

次は実際に声を発声させていきましょう!

1)複式呼吸を使い大きく息を吸って出しやすい母音を発声します
2)繰り返し発声していくことで、張りのある声の出し方や大きな声の出し方を身体に馴染ませることで次回からは感覚的に発声することが可能になります

しっかりとした声を出せるようになったら次は歌唱力をあげるための練習に移りましょう!

歌唱力をあげよう!

声が上手く出せるようになっても音程が取れなかったり、歌唱技術がなかったりするとやっぱり歌うことに自身は持てません!

カラオケで高得点を取るにはまず音程の正確さが第一に求められます!!

そこで今回は音程をとることに重点を置いた練習法を紹介します!

まず音程を上手く取れない人の特徴を挙げていきたいと思います!
当てはまった人はその後紹介する練習法ですかっり音程を取れるようになると思います!!

【音程が取れない人の特徴】
・声が小さい
・歌の音階を理解していない
・キーが合っていない

だいたいは上記3つに集約されます

声が小さいと自分が思っているよりも低いキーの声が出てしまいます
出したいキーを出すには自信を持って大きな声で発声する必要があるのです!
また自分でもよく分かるほどの大きな声を出すことで、どのくらいの力で歌えばどのくらいの高さの声が出るのかに気づくことができます!!

歌の音階を理解していない場合、歌えないのは当たり前です!
曲を何度も聴いてメロディーを覚えましょう!

キーが合っていない場合、これが一番難しいです!
手っ取り早い解決方法はキーを調整して歌うことですが、どうしても原曲キーで歌いたい方はミックスボイスやファルセットのマスターが要求されます!
⇒【ミックスボイス・ファルセットの出し方を解説

それでは上記の問題を解消するための練習法を紹介します!

録音式練習法

上記でも説明しましたが、音程をとるうえで最も重要なことはどのくらいの力で発声すればどのくらいの高さの声が出るのかを知ることです

声は人それぞれ固有のものですから、個人で自分の力具合を見つけるしかありません

そのためにおすすめする練習法が録音です!

方法はいたって簡単です
歌いたい曲を流し、スマホで録音しながら歌う。只これだけです!

自身の歌声と、目標の歌の違いをしっかり把握しましょう

自分で歌ったものなので、違いを修正するにはどのような声の出し方が必要なのかよく分かるはずです!
録音→修正→録音を繰り返し練習していくと、次第に出したい音の出し方が感覚で身につきます!!

いちど感覚で身についてしまえば次回からは一度聞いただけで、出したい音を出すことができ音程もしっかり取れるようになります!!

まとめ

・発声法・腹式呼吸をマスターし、張りのある大きな声を出す下準備をする!

・腹式呼吸を使い母音の発声を練習することで、声の出し方を身体に染み込ませる!

・歌声を録音し、音が外れているところを修正しながら、自分の発声に必要な力具合を掴む!

最後に

発声練習は喉に負担が掛からないよう、身体と相談しながら適度に行ってください!

歌唱中はぬるめの白湯などがおすすめです!
冷たい飲み物はできるだけ避けるのが良いでしょう
またお茶も喉の脂を余分に取り除いてしまうためおすすめしません

歌唱後はアメを舐めたり、喉を保湿するなどしてしっかりとケアしましょう!

綺麗な歌声は元気な喉からです!!
今後も楽しいカラオケライフを満喫してください!!

おすすめの記事